FC2ブログ

山女日記



「山女日記」湊かなえ著

ドラマ化CMを見てはじめてこれを「やまおんなにっき」と読むと知りました。
(やまじょと思っておりました・・)

主人公たちは、色々な思いを胸に山頂を目指しますが
体力のないワタシが目指すのは山頂ではなく
その途中の風景とコケを眺めること。



クリみたいな
3_201612032220223f2.jpg

コケのかたまりたち。
4_20161203222023d11.jpg

少しずつ体を伸ばしているサガリゴケの仲間たち
13_20161203222028aea.jpg

標高が高い場所でしかであえない
チャボスズゴケや
11_201612032220251a2.jpg

オオミツヤゴケ
12_20161203222026748.jpg


この日は夕方から雨の予報だったので
早めに下りる予定ではあったけれど

1_20161203222836d44.jpg

お昼過ぎには本降りになってしまい
さっさと下山を決めた。

2_2016120322283763e.jpg

・・のだけれども


下山途中で雨が止み

9_20161203222840c1b.jpg

霧になったので

10_20161203222841106.jpg

再度登りはじめてしまいました。


アセビの根っこが土を抱いている部分だけ残して
流されている土
5_201612032228382e4.jpg

シカの食べ残しだろうか
一株だけ咲いていたアキノキリンソウと
6_20161203223234f70.jpg

リンドウ。
7_20161203223236641.jpg

そしてアセビの大群生。
8_2016120322323733c.jpg







標高1500mあたりで暖かいコーヒーを飲み
コケを愛でつつ
美しい霧の中でまったり♡としていたら

14_20161203223627db3.jpg


あっ(゜o゜)

という間に暗くなってしまって・・





標高1000mあたりからは懐中電灯を使って下りるという
情けない事態に陥ってしまいました(=_=)

遭難や滑落の心配があるような登山道ではないにしろ
遠くでシカの声を聞きながら
真っ暗な林を下るのはさすがに心細く

登山口に止めていた愛車が見えた時は泣きそうになりました(;_;)





二度と単独夜下山はいたしません・・







スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -