苔コッコー 2017 その4 ホウゴウゴケ



鳥(酉)にちなんだ和名のコケ
王道はホウゴウゴケ(鳳凰苔)でしょうか(*´ω`*)

ホウオウゴケ3

鳳凰の羽とか尻尾の様子に似ていることから付けられた和名と聞きます。
鳳凰のモチーフは賞状の枠飾りやラーメンの器にあしらわれているので有名な
大変おめでたい伝説の生き物のようです。
さらに、(最近まで気が付かなかったのですが)1万円札の裏側にも凛として立っていらっしゃいます。

余談ですが近頃はお年玉に1万円札をもらう、うらやましい子供たちが多いようで
使っちゃう前にぜひ裏側の鳳凰を覗いて見てみてください。



さて、ホウオウゴケには実に多くの仲間がいて、今や70種以上(!)とも言われているようです。
その中のホウオウゴケ科ホウゴウゴケ属の「ホウオウゴケ」はFissdens nobilsのことで
ホウオウゴケ4

それ以外は●●ホウオウゴケと付けられています。
(中にはホウオウゴケと付かない種もあります。)





界隈のホウオウゴケ、しかもわかりやすいものしか調べたことがないのですが
今年の干支にぴったりなのがこのトサカホウオウゴケ。

トサカホウオウゴケ1

葉先がトサカのようにギザギザしているいのでした。
トサカホウオウゴケ2









・・・・

こうやって自分の画像を辿っていると
わかっちゃいるけど

かなり見つけにくい。

最初に和名のアイウエオ順に整理しはじめたのを
そのまま足していっていて属ごとになっていないのです。

さらに、日付順のファイルがあって
少し前までは(自分で言うのもなんなんですが)
あのコケの写真はあのころのどこで撮った!
とすぐに思い出せていたのが
近頃はそれが難しい。

どんどん増える画像と
できるだけ増やさないようにしていても
じわじわと増える標本

まとめて整理しなければと常々思っているのですが・・

ううむ。

夜中に働き者の小人がわらわらやってきて
やってくれんだろうか。


ブログは自分の記録のアーガイブにもなっているので
せめて少し頻度を上げて更新したいと思う。









スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30