「コケの生物学」


「コケの生物学」
北川尚史 著
こけとしだの談話会 編


コケの生物学


1月に発売されると知ってすぐにネットで予約するも在庫切れと表示され
近所の本屋に取り寄せをお願いし、数週間後にようやく手にすることができました。

それなのに、読み終わるまでどれだけ時間がかかってるんだろう(^^;



「コケの生物学」は、プランタという雑誌に連載されていた北川博士の記事を
有志の方々がまとめられ、補遺を加えて出版されたそうです。
それだけでもいかに北川博士がさまざまな研究家やお弟子さんたちに慕われておられたか想像がつきます。

実は何年か前に調べものをしていて、プランタの記事に辿り着きどうしてもこうしても読みたくなり
ネットや古書屋をあたって探しまくったことがあったのですが、見つからず。
辛抱できずにコケメールでどなたかお持ちでしたら貸してくださいという
図々しいお願いをしてしまったことがありました。
時々自分の知りたい欲求が前のめりすぎて、後から冷や汗をかくことがありますが
この時も後からものすごくかきましたとも(@_@。

しかして、心の広い専門家数名(内心あきれられていたかもしれないけど)が
お情けで手を差し伸べてくださいまして
(ここを覗かれることはないかもしれませんが、その節はお世話になり本当にありがとうございました。)
むさぼるように文章を読ませていただきました。
けれど、一瞬で「あ!そうか~なるほど。」とあっさりと理解できる内容でもなく
ただただその時は、読みたかった文章が読めたことだけに満足していたような気がします。

そして、今回再編集された本を手に取ることができ、ゆっくりとした気持ちでもって読むことができました。
読み物として縦書きに編集されていたことも理由のひとつかもしれません。
まだまだ「ごっくん」と飲み込めるわけではありませんが
これからも大切に、何度も読み返していきたいと思う1冊です。

それにしても、この内容が1728円で入手できるなんて~~!
一般書籍として世に出してくださった方々に感謝です。










スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -