タマコモチイトゴケ

すごい風でした。

こんな日は
以前に採集したコケを引っ張り出してゆるゆると覗き込んでみるという楽しみ(*´ω`*)


コケの名前を調べるのはとっても時間がかかります。

水に戻して
実体顕微鏡で覗いて
葉・茎・などを解体して
プレパラートを作って
生物顕微鏡で覗きます。
(時間をかけても名前を教えてくれるかどうかはまた別の問題(*ノωノ))

維管束植物だと一度乾燥すると水につけても戻りませんが
コケは水に浸すと細胞のカタチがもとに戻ってくれるのです。

「ふえるワカメちゃん」みたい。
すごいなぁコケ(*´▽`*)



タマコモチイトゴケ。
Gammiella.jpg


枝の上部の葉に糸状の無性芽がたくさんで丸みを帯びてみえます。
まさに「玉子持ち」!

強風で倒れた木の幹に着生。







スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30