シバゴケ Racopilum aristatum



ダム近くの遊歩道沿いに。


シバゴケ


3列につけた葉がなかなかに優雅。


以前「シバゴケ」が見たいという方に
「それならあそこにありますよ~」
と得意げに言ったら

「なわけないでしょうー」

と笑われてしまいました。



ワタシが知っている「シバゴケ」は Racopolum aristatum
「ホゴケ」ともよばれるらしいこのコケで

その方が見たがっていたのは Garckea flexuosa.
平凡社図鑑では(新称)ニセタマウケゴケという突っ込みどころ満載な和名で書かれていました。

こういうことがあるので専門家の方は和名を使われないのでしょうね。



それにしてもです。

ニセタマウケゴケ。

この和名がとても気になります。

ニセ タマ ウケ 
ニセタ マウケ??

なんだろうなんだろう。



もうひとつの「シバゴケ」Garckea flexuosa を見て見たくなりました。









スポンサーサイト

musimegane

アート目線のコケ観察。
いきもののカタチは美しい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -